近年、資格試験の中でも人気が高い「不動産関係」の資格を紹介していきます。

不動産関連の資格を取ろう

近年、不動産関係の資格が注目されています。不動産資格には大まかに分けると「国家資格」と「民間資格」があります。中でもよく知られているのが「宅地建物取引主任者」、通称「宅建」と言われている資格でしょう。これは、不動産会社はもちろん、建築・土木会社など、土地建物にかかわる多くの人が目指している国家資格です。また、不動産資格の頂点といわれる「不動産鑑定士」、老朽化マンションが増加する中、にわかに人気を集めている「マンション管理士」「マンション管理業務主任者」なども人口に膾炙した不動産資格といえます。

不動産資格には、「民間資格」も数多く存在します。民間資格とは、民間団体や企業が、独自の審査基準を設けて任意で認定する資格のことです。企業によっては国家資格と同じく、広く認知されている資格、就職や転職に結びつく資格もあり、認知度、信用度、レベルが高いほど資格取得が困難になっています。

国家資格よりはやや取得しやすいとはいえますが、法律によって制度化されていなため、中には怪しい資格もあるので注意が必要です。

不動産関連の資格を取ろう

不動産資格のメリット

不動産関係の資格を取得すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

不動産国家資格を取るには

不動産の国家資格について人気の高いものを中心に解説します。

受験についての基礎知識

不動産資格の試験概要、受験の注意点などを説明していきます。

不動産資格取得の勉強法

不動産資格を取得するには、どのように勉強すればよいかを紹介していきます。

Copyright(C) 2011 - 不動産関連の資格を取ろう - All Rights Reserved.